ニキビができた場所で治療を考える

出来てしまったニキビを見て、とにかく治さなければいけないと思ってスキンケアや市販薬に手を伸ばすことも多いですが、体や顔などどの場所にできたかを一度確認してみましょう。

どの場所にできているかを確認することでよりきちんとした治療ができる様になります。


特にできやすいのは顔ですが、大きく分ければTゾーンとUゾーンに分かれます。


Tゾーンの場合は皮脂の分泌が激しいのでその為にできやすいと言えますが、逆にUゾーンは乾燥しやすいために保湿などが足りずにできてしまうこともあるのです。


他にも細かく見ていくと、おでこだと皮脂分泌量だけでなく男性ホルモンも関係するのでその点も原因として考えながらも、髪の毛も触れやすいのでなるべくおでこに触れないようにするなどの対策もしていきます。

livedoorニュースの珍しい情報をご紹介しています。

生え際はシャンプーや洗顔剤のすすぎ残しなどが原因のこともあるので、しっかりすすぎましょう。


鼻も皮脂の分泌量が多くてニキビが出来やすい場所ですから、早めにケアをしないと何度でも発生してしまいやすい場所です。



鼻下の場合はひげが生える場所で男性ホルモンが関係している場所ですから、大人ができやすいです。

人気のニキビ治療の情報もあります。

治療に関してもホルモンバランスの改善などを行っていきます。


体であれば胸や背中周りにもニキビができるのですが、これもホルモンが関係していると言われているので、治療もそれに応じた内容となります。

ただ出来ているというだけでなく、どの場所に出来ているのかということも考慮して治療を進めていくと効果も出やすいでしょう。